合気道と太極拳の違い | との差 | ja.natapa.org

合気道と太極拳の違い




主な違い 合気道は日本の自己防衛と武術の形式ですが、太極拳は中国の自己瞑想的な運動と武術の形式です。

総称「合気道」は、20世紀に造られました。 「合気道」は上場盛平(1883年12月14日 - 1969年4月26日)によって作成され、何人かの合気道専門家によって「大先生」と呼ばれています。

「合気道」という用語は3つの漢字で構成されています。

合 - 合 - 合、合、合、合い

気 - 気 - 精神、エネルギー、気分、士気

道道道、パス。

合気道は彼の武道、哲学および宗教的信念の総合として上芝守平によって形成された日本の芸術形式です。その言葉は「生命エネルギーを(と)統一する方法」または「調和のとれた精神の方法」として意味します。それは自己防衛のために実践されている格闘技形式であり、この中で実践者は攻撃者から自分自身を守らなければなりません。合気道は、攻撃者の動きと混ざり合って攻撃の力を向かい合わせにするのではなく、攻撃の方向を変えることによって行われます。格闘技形式は、それに従ってアクションが実行され実行される相手の勢いまたは彼/彼女の動きを必要とします。そのテクニックは様々な投球やジョイントロックと一緒にすべてのねじれ、回転の動きを含みます。

太極拳も、 "T'ai Chi Ch'uan"またはTaijiquanは、道教と仏教の僧院から影響を受けました。この用語は、「最高の究極の拳」、「無限の拳」、「最高の究極のボクシング」または「最高の極端なボクシング」としての意味です。

T'ai chi ch'uan / Taijiquanは3つの漢字の組み合わせによって形成されます。

(漢字 - ウェイドジャイルズ/ピンイン - 意味)

太 - タイ/タイ - 最高、壮大、素晴らしい

極 - chi / ji - 究極の、極端な

拳 - チュアン/クアン - 拳、ボクシング

太極拳は有名な運動形式で、世界中で実践されています。太極拳は中国の武術で使われています。この芸術形式は、防衛と健康のバランスの維持のために両方の方法で実践されています。そのハードとソフトの格闘技のテクニック、デモンストレーションの競争、そして長寿は個人的な理由のために技術的に実践されています。 T'ai chi形式のいくつかはゆっくりした動きとして練習されています。 t'ai chi ch'uanの研究全体には、主に3つの側面があります。

  • 健康
  • 瞑想
  • 武道

合気道と太極拳の比較:

合気道

太極拳

Web定義

ロック、ホールド、スロー、そして対戦相手自身の動きを使った日本の自己防衛と格闘技。

リラックスとバランスと健康のために設計された中国のゆっくりした瞑想的な身体運動システム

起源

日本語の形

中国語の形

彼らです

それは完全に自己防衛のために行われる格闘技の形式です。

それは格闘技であり、芸術の運動形式でもあります。

運動とその関連

ここでは、ムーブメントはバランスの取れたセンターから来ています。

ここでは、動きは片足の重量の大部分から来ます。

あっせんの関与

それは内的瞑想とは関係がありません。

それは内的瞑想と関連しています。

前の記事

メタタグとキーワードの違い

次の記事

パジャマとスウェットパンツの違い