夢と現実の違い | との差 | ja.natapa.org

夢と現実の違い




主な違い:夢は睡眠中に発生する一連の画像、イベント、感覚として定義することができます。現実とは、いかなる想像力や解釈も伴わない物の実存的状態です。

科学者にとって夢は、興味深いテーマであることが本当に証明されています。夢の現象が科学の権威の下に来て以来ずっと、多くの科学者、心理学者、または主題の専門家は実際に夢が意味するものを解読しようとしました。いくつかの理論によると、夢を見ることは私たちの脳が乱雑になるのを助けて、情報の新鮮な同化のためにそれを準備します。簡単に説明すると、夢は私たちの脳のリセット機能のように振る舞います。夢は通常睡眠のREM(急速眼球運動)段階の間に起こります。一人の人間は通常、一晩に3〜5回の夢を見ています。長さは数秒から20分です。

現実は物事の現状です。現実はいかなる種類の想像力や解釈にも基づくことはできません。現実は、夢、思考、フィクションなどの精神的実体に対抗して常に説明されています。私たちの心の産物であるものはすべて、現実とは言えません。現実を変える人間の心の主張された能力に関して様々な議論と実験がありました。思考と視覚化によって現実に影響を与える力を持っている人間の脳の話題については、さまざまな意見があります。現実を変えることはできないというのは、一部の人々にとっての考え方であり、それはただ展開し続け、致命的な存在の支配下にはないからです。それに対して、反対派の人々は、自分の考えや夢を激しく信じることを選択することによって、人間は自分の現実を台無しにすることができると考えています。

夢と現実の比較

現実

意味

夢とは、睡眠中に起こる一連の画像、出来事、そして感覚です。

現実とは、いかなる想像力や解釈も伴わない、存在物の状態です。

原点

夢は心の産物です

現実は存在していて、存在していて、そしていつまでも存在するであろう

発生

夢は睡眠中に発生します

現実は起こり、展開し続けるものです。

記憶

夢を完全に記憶したり思い出したりすることはできません。

現実は記憶することも思い出すこともできます

結論

ある時点で夢は終わる

現実は終わらない

前の記事

トレッドミルとサイクリングの違い

次の記事

幼児と幼児の違い