エボラとインフルエンザの違い | との差 | ja.natapa.org

エボラとインフルエンザの違い




主な違い エボラはまれで致命的な病気で、感染する人々の25%から90%を殺します。インフルエンザは季節性の流行で世界中に広まり、エボラよりも一般的であり、毎年数百万人に影響を及ぼしています。

エボラの2014年の発生により、多くの人々がエボラと接触して感染することを恐れています。しかし、誰かがEbolaを発症する可能性、特に広範囲に及ぶEbolaの発生がある国にいない人が発生する可能性は非常にまれです。代わりに、人がインフルエンザにかかる可能性が高いです。これは主に2つの病気が広がる方法によるものです。

インフルエンザは簡単に広がるため、毎年ほぼ流行しています。インフルエンザは、インフルエンザのせき、くしゃみ、または話している人が作ったときにできる小滴を通って広がる可能性があります。カウンター、ドアノブなどの表面を汚染することで拡散することもあります。ただし、この方法はあまり一般的ではありません。エボラ、他方では広がることは非常に難しいです。血液、唾液、粘液、嘔吐物、糞便、汗、涙、母乳、尿、感染者の精液などの体液と直接接触するようになることによってのみ、エボラと契約することができます。ウイルスは鼻、口、目、開いた傷、切り傷そして擦り傷を通して感染していない人の体に侵入しなければなりません。

さらに、ウイルスを拡散させるためには、感染した人はすでに2から21日の間にどこかに発症する可能性のある症状を示している必要があります。しかし、21日経っても症状が現れない場合は、エボラである可能性は低いです。インフルエンザの場合、人は病気になる前、その間、そしてその後でさえも、その病気を広げることができる。インフルエンザに感染した場合、症状は2日以内に突然突然現れます。

病気を区別する方法はそれらの症状です。エボラの症状はインフルエンザの症状と似ているように見えるかもしれませんが、実際には一見すると非常に異なります。インフルエンザの症状には、発熱、悪寒、震え、咳、鼻づまり、鼻水、くしゃみ、体の痛み、疲労、頭痛、発疹性発疹、炎症を起こした目、水まきの目、赤目、皮膚、口、のどや鼻があります。下痢や腹痛を経験する子供もいます。

エボラの症状には、発熱、のどの痛み、筋肉痛、頭痛などがあります。その後、これは嘔吐、下痢、発疹、さらには腎臓や肝臓の機能障害に拍車をかけます。場合によっては、歯茎からのしみ出しや便中の血液など、内部および外部の両方の出血を示す患者もいます。これは最終的に症状を示してから6〜16日の間に死に至る可能性があります。

エボラはまれで致命的な病気で、感染する人々の25%から90%を殺します。 2013年までに、エボラは24の発生で合計1,716の報告された症例を持っていました。 2014年の西アフリカ発生で、エボラは2014年11月2日までに4,818人が死亡したと報告した13,042例を報告しています。一方、インフルエンザは季節性の流行で世界中に広がりますが、単純な病気ではありません。年間500万件の重度の病気が発生し、年間約25万人から50万人が死亡しています。パンデミックの場合、死亡者数は数百万人にまで増加するかもしれません。

エボラとインフルエンザの比較:

えぼら

インフルエンザ

として知られている

エボラウイルス病(EVD)、エボラ出血熱(EHF)

インフルエンザ

のせいで

フィロウイルス科、エボラウイルス属のウイルス。

  • エボラウイルス(Zaireエボラウイルス)
  • スーダンウイルス(Sudan ebolavirus)
  • タイフォレストウイルス(タイフォレストエボラウイルス、旧コートジボワールエボラウイルス)
  • ブンジブギョウウイルス(Bundibugyo ebolavirus)
  • レストンウイルス(Reston ebolavirus)(非ヒト霊長類のみ)

オルトミクソウイルス科の5つの属のうち3つを構成するRNAウイルス:

インフルエンザウイルスA

インフルエンザウイルスB

インフルエンザウイルスC

最初に発見された

現在のコンゴ民主共和国であるものでエボラ川の近くに1976年に

およそ2,400年前に、ヒトインフルエンザの症状はヒポクラテスによってはっきりと説明されていました。インフルエンザという言葉は、1703年に今日わかっている病気を指すために英語で最初に使用されました。

ナチュラルホスト

フタバガキ科のコウモリ

インフルエンザウイルスA:野生の水生鳥

インフルエンザウイルスB:ほぼ排他的にヒトに感染する

インフルエンザウイルスC:ヒト、犬、豚に感染する

送信

  • 感染した動物の血液、分泌物、臓器、その他の体液との密接な接触
  • 感染者の血液、分泌物、器官、その他の体液、およびこれらの液体で汚染された表面や材料(寝具、衣類など)との直接接触(壊れた皮膚または粘膜を介して)による人間同士の感染。
  • 直接感染(感染した人が他の人の目、鼻、口に直接くしゃみをしたとき)
  • 空中経路(咳、くしゃみ、吐き気がある人が発生させたエアロゾルを吸入した場合)
  • 汚染された表面から、または握手などの直接の個人的な接触からの、手から眼への、手から鼻への、または手から口への伝達

潜伏期(ウイルス感染から症状の発現までの期間)

2〜21日

2日以内

症状

発熱、疲労、筋肉痛、頭痛、のどの痛み。その後に嘔吐、下痢、発疹、腎臓障害および肝機能障害の症状、そして場合によっては内部および外部の両方の出血。

  • 発熱と極寒(寒さが震え、揺れ(厳格))
  • 鼻詰まり
  • 鼻水
  • くしゃみをする
  • 体の痛み、特に関節やのど
  • 疲労
  • 頭痛
  • 苛立ち、水まき目
  • 発赤、目(肌)(特に顔)、口、のどや鼻
  • 点状発疹
  • 小児では、下痢や腹痛などの胃腸症状(B型インフルエンザの小児では重症になる可能性があります)

診断

以下の調査を使用して確認を行います。

  • 抗体捕捉酵素免疫測定法(ELISA)
  • 抗原捕捉検出テスト
  • 血清中和試験
  • 逆転写酵素ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)アッセイ
  • 電子顕微鏡法
  • 細胞培養によるウイルス分離

確認は、患者が示している症状を見ることによって行われます。この地域で流行が発生した場合、インフルエンザの有病率は最大70%です。いくつかの例では、ウイルス培養物を単離するために迅速な診断試験が用いられる。

処理

経口または静脈内輸液による水分補給および特定の症状の治療により、生存率が向上します。

ノイラミニダーゼ阻害剤(オセルタミビルおよびザナミビル)およびM2タンパク質阻害剤(アダマンタン誘導体)などの抗ウイルス薬。インフルエンザにかかっている人は、十分な安静をとり、多量の液体を飲んで、アルコールとタバコの使用を避け、必要に応じて、アセトアミノフェン(パラセタモール)などの薬を飲んで、インフルエンザに伴う熱や筋肉痛を和らげます。

前の記事

トレッドミルとサイクリングの違い

次の記事

幼児と幼児の違い